国産観測ヘリOH-1ニンジャ作例

ブログを更新するのは煮詰まっているか、現実逃避しているか、なんか辛いとかまぁそんなところです。
74式戦車で結構良かったのでニンジャもPBRでレンダリングしてみた。

制作途中に仮レンダリングした画像を使わずに、わざわざ新規にレンダリングするところとかが、まぁ、あれです。
OH-1_front
OH-1_bottom
やっぱ白黒の世界じゃなくて少しでも色が入ると良い感じだなー

CGやってない人向けに簡単に説明。
PBRというのはPhysically Based Renderingの略で光源や質感を物理法則に則ってレンダリングする手法の事で、ここ最近のリアル系はほぼこれ1択です。
まぁ滅多なことでは破綻した絵は出ません。(と思うw)
これにIBL(Image Based Lightingでググって)等を組み合わせると周囲の景色の照り返し等もリアルに反映されます。
レンダリング画像はカメラで言うところのRAWで出力され、露出やガンマなんかを後から調整出来ます。

いやホントざっくりとした説明しかしていないし、上の作例も質感を細かく設定していないのでこれがそうだと思わないで下さいね。
もっと良い絵は検索すれば沢山見付かります。

コメントを残す