kazzo クローン完成

前回のエントリー等で書いた初めて発注した基板はファミコンカセットのリーダーライターですが、なんだかんだ失敗しながらようやくFC ROMをファイル化するところまで出来ました。

回路そのものはkazzoプロジェクトのPCB2.0版そのままです。
何周遅れかわからない位の話なので今更感もあるのですが、サードパーティ製のハードしか手に入れる手段が無い為、基板作成の練習も含めて作ってみました。
まず基板が出来上がってきた時に必要な抵抗が無かった…
01-%e8%b6%b3%e3%82%8a%e3%81%aa%e3%81%84
買った。
02-%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%9f
で、KiCadのデータにするために回路図を移植するところから始めたのですが、やっぱ色々ミスってました。
抵抗一本置くの忘れていた上に、ATMEGAの20~22pinのGNDをVCCに、AREF/AVCCをGNDに繋いでた。なんでや!?
そんなワケでカッターでパターン削ったりジャンパ飛ばしたり、抵抗を裏面に繋いだりと汚くなってしまいました。
03-%e8%89%b2%e3%80%85%e9%96%93%e9%81%95%e3%81%88%e3%81%9f
とりあえずなんとかなったのでAVRISP mkIIで書き込み。
04-%e6%9b%b8%e3%81%8d%e8%be%bc%e3%81%bf
やったぜ。
05-driver
さっそくテスト。Castleを選んだのは好きなタイトルだったので。
特殊なマッパーでは無いのでさっくり。
06-%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88
07-anago_wx
動きました。
08-castle_excellent
動いたので、赤白ファミコンに組み込み。
適当に作ったサブ基板がサイズ的に全滅だったので、リセットボタンとリアのUSBコネクタを付けられませんでしたが、イジェクト機構を使いたかったのでとりあえず入れました。
09-%e7%b5%84%e3%81%bf%e8%be%bc%e3%81%bf
10-%e5%ae%8c%e6%88%90%e4%bb%ae
ゼビウスってスゲーストレートなROM構成だったんスね。
動きました。
11-xevious


ROM→Fileしか試していませんがなんとかなったのかな。
書き戻しも試したいのだけどEEPROMのカセット持ってないんだよなー
次作るのはカセットかなー


ジャンパ飛ばしたり、まーおかしなPCBが出来てしまったわけなので、残りの9枚は使い物にならず破棄するしか無く勿体ない。
一度目にうまくできるわけが無いのは薄々分っていたけど…

コメントを残す