FD3Sモデリング計画 その2 -タミヤのRX-7(FD3S)2種-

タイトルがモデリング計画となっているけど、最終的には1/24モデルにする事を前提に進めているので1/24 FD3S SpiritR フルスクラッチ計画とした方が正しいかも。でもいいや。
さてタミヤのプラモを引っ張り出してきた。
タミヤ アンフィニ RX-7

タミヤ マツダ RX-7 R1
タミヤのFDには2種類あって、それぞれ日本仕様のアンフィニRX-7(上)と北米仕様のマツダRX-7 R1(下)として売られています。

キットの大きな違いは

  • エンジンルーム内再現の有無。
    R1の方には、
    エンジン
    エアクリーナーボックス
    インマニ
    ブレーキマスターシリンダー
    その他補機類等がついてます。日本仕様にはついてない。
  • 内装が右ハンドル仕様か左ハンドル仕様か。
    差異のあるパーツは
    ダッシュボード
    ワイパー
    ステアリングの形状等

その為R1の方は一部のパーツがメインのランナーより外されていて
追加でこのランナーがついています。
R1追加パーツ
フロント、リアのエンブレムも違うのですが、デカールで表現されています。
細かい所だとサイドエアアウトレット上部のサイドウインカーの有無も。
ほとんどが共通パーツなので、ニコイチにすれば日本仕様のエンジン有りモデルが作れます。

ここからVI型のSpirit Rを作ろうとすると、外観ではフロントバンパーフェイス、リアスポイラー、SpiritR専用BBSホイール、タイヤ(サイズが違う)、ブレーキローター等。
内装はエアバッグ付きのダッシュボード&NARDIのステアリング、RECAROシート、4シーター仕様から2シータ仕様、ルームミラー形状、等々作っていけば他にも思い出すかも。

SpiritRのキットはFUJIMIから発売されているのだけど、箱を開けたとたんに作る気失せるくらい出来が悪くて棚の奥の方に放り込んで今すぐ取り出す事すら出来ない状態。
FUJIMIのキットを修正するくらいならタミヤのI型をVI型にする方が楽だと思う。
確かホイールもV型TypeRZのデザインのBBSホイールがついててつかえねぇ。
そのうち引っ張り出してきて晒す。

結論:何から手を付けたらいいかわからないお。
この前出した8スポークが届いてくれない事にはどこまで作り込めるのかの検討がつかないんだぜ?
どこまでも細かくモデリングするのはいくらでも出来るけど、さじ加減が必要なのでもんもん。
SpiritR_FrontBrake
こんな感じの資料写真は山ほど。


AmazonAd


コメントを残す