EPSON HC-20 分解

分解メモ

分解する前にカセットテープユニットとプリンタ用紙を外しておくと楽。




1)EXPANTION UNITの取り外し
1-1)ネジを4本外す

1-2)UNITの取り外し
ネジを4本外すと横にスライド出来る

1-3)ステーを取り外す

2)本体ケース
2-1)ネジを7本外す

2-2)FFCの取り外し
全部で3カ所あるので注意
後ろ側から開きコネクタのロックを外しFFCを抜く

その後前側のFFCを外す

3)ニッカドバッテリーの位置
液漏れの原因になるので外しておくことをお勧めします。
写真はすでに撤去した後です。

4)ネジの種類
左の長い方が本体用。右の短い方がEXPANTION UNIT用

5)液晶ユニットの取り外し
ネジ4カ所とFFC一つを外す。

6)金属フレームの取り外し
ツメを6カ所ラジオペンチなどでまっすぐにする。



7)ビネガーシンドロームを起こしている偏光板(表)と反射板(裏)を丁寧に取り除く。
ガスを吸い込むとむせるし身体に悪そうなので換気して下さい。
固着しているのでカミソリなどでガラス面に力を加えないように少しずつ外します。
ノリなどが残った場合は無理にこすらずシール剥がしなどで溶かします。

8)元に戻す
適応するサイズの偏光板が見つかっていないのでとりあえず元に戻し組み立てて終了
液晶パネルのガラスの向きに注意。



全く見えないので使えなくなりますが、ビネガーシンドロームは他の液晶に伝染するのでしかたない…
【覚え書き】偏光板のサイズ
100mm×34mm

コメントを残す