Raspberry Pi Zero の有線LANのIPアドレスを固定化する。

少々忙しくて、やっとセットアップしました。
タイトルの件だけど、ググれば沢山出てくるけど、どれも同じ内容で上手くいかなかった例をほとんど見ない。
一旦は自前のIPアドレスになるのだけどrebootするとDHCPで勝手に割り当てられてしまう。

PiZeroSetup
みんなDHCPで使っているのかな。
一応解決したんだけど、Zero特有のUSB有線LANが問題じゃない気がするのだけどほかの人どうなんだろう。
普段Linux使ってなくて、ネットワークの知識も薄い俺にとっては超悩んだんだけど!

ググってる最中にIPアドレスを固定化出来なくて困ってる人を見かけたので、Raspbianを新規にインストールするところから日本語環境のセットアップ、IPアドレス固定化までの手順を書いておきます。
その人が解決したかどうかは書いていなかったのでわからない。


1.SDカードにRaspbianのイメージを書き込み。

SDFormatterでSDカードをフォーマット。
(Windowsの場合)Win32DiskImagerでイメージ書き込み
Piに差して起動。
ここでつまずく場合はSDカードの相性を疑いましょう。
結構な数ダメなSDカードがあるみたいなので買う時注意。ここで調べる。

2.初期設定と日本語化

raspi-configが自動で立ち上がればそれで。
立ち上がらない場合は起動。

オーバークロックや言語やロケール、キーボードの設定、SSH等の有効化等を設定します。
設定し終わったら再起動がかかるので待ってから日本語化。
たぶん文字化けしているかと。

また再起動

3.IPアドレス固定化

アドレス設定ファイルを編集します。

(エディタはnanoでもvimでもleafpadでもどうぞ。)
いろんなサイトに書いてあるのと一行違うので注意。

と書いてあるところを以下のようにします。

eth0はデバイス名。
再起動

4.確認

変っているか確認しましょう。

5.残作業

rootのパスワードやpiのパスワードを変えておいたり、普段使いのアカウントを追加したり、日本語入力環境を入れたりします。
このあたりはググって下さい。

コメントを残す